Top

ウチナーヌ諸々


since2005.5.20



English Versions Here

Internet Kenjin-kai
HaiSaiMac
島唄カフェ いーやーぐゎー
三線製作事業協同組合
沖縄三線教室
みなみ芸能オフィス
みなみ三線店
三倉食品
新垣菓子店
沖縄のうわさ話
テーゲーネットワーク
琉球語音声DB
那覇美術造形学院
Cafeやぶさち
りゅうちゃん日記
バスマップ沖縄

ロックンロールニュース
UPLINK
MEDIA SHOP
vector::scan
Dumb Type
ピューピル
ICC
:::Torture Garden:::
アルバトロス・フィルム
BUBBLE-B

CD屋
ゴロソ
Econosys
池田亮司
Parallax record
Thrill Jockey
MEGO
Sonig
DWWW
raster-noton
a-musik

性の本棚
ALT-FETISH
fraeulein-ehrhardt
Marquis

ラブ・ファミコン
Nekocan@mac
Rez
任天堂
namco
ATARI
iPSP
ファミコンDB
Mac de Famicom
日本語化パッチ置場
ゲームラボ
HamariBros
PIN BALL
ムシキング

Sex, Drug & Macintosh
よしとよの専務室
沖縄で死ぬということ?
我稼餞老婆花
からくりロックバンド核
カンサツニッキ
つれづれ気まぐれ由来記
MGX
気になるフタ
柔らかな機械
蒼穹ぬムリカ星
女心日記
traveler's-high
cobanashi cafe
ハイカラぱんだ
赤玉蟲戦記
TWELVE
NEWKNOWN
マンブラー・チャンプルー

アマゾン検索
素材屋 千客万来
素晴らしき日々
オモチャ箱
ザイーガ
コロコロザイーガ
x51.org
ビバ★ジャイロ
Marie
喜屋武綾乃
喜屋武ちあき
きゃんまさみエキブロ
喜屋武WEB
きゃんずほめぱげ
東京喜屋武茶
キャンヒロユキブログ

<   2006年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧
twitter経由でコメントする
家族計画ではなくて鬱金販売機。
d0053751_7592766.jpg

今日は特に面白いお話も思いつきませんので、どうでも良いお話をしましょうね。自宅はもちろん、スポーツジムの共同浴場等でもよく見かけるボディーソープ。洗顔と入浴時の石鹸にはずっと固形石鹸を愛用していたキャンキャン家。ボディーソープが発売されたときの衝撃は、新しモノ好きの私には当時目からウロコの商品でした。恐らくポンプ式だったからでしょうか?しかし現実はと言いますと、スグにボディーソープにスイッチ出来る程そう甘くはありません。引き出しの奥には眠っている大量の贈答品達が出番を待ちわびているのですから。皆さんご家庭でも似た様な経験があったのではないかと想像します。導入にはかなりの時間を要しました。私の長い年月を掛けた涙ぐましい努力の結果、ようやくキャンキャン家の浴場にも待望のボディーソープが登場。それはもう幸せな毎日でした。泡立ちの良さは固形石鹸よりも断然に群を抜いているので、それまで憂鬱だったお風呂タイムは楽しい事この上ない時間となったのです。話が変わる様ですが、汚れって石鹸のあの泡だけで本当に取れているのでしょうか。いつも疑問でなりません。汚れを落しているフリして、本当はニオイだけじゃないの?とたまぁに思ってしまいます。猜疑心が強く、何事もスグに物足りなさを感じる私は、気付くとポンプをプッシュ!プッシュ!プシュ!最後まで洗えん!非常に不効率なお風呂タイムを歯痒く感じ、スグに苛立ちを覚え始めたのでした。それからというもの、シャワーを浴びれば小さいキャンキャンと共に泡立ちを研究する日々。ふやけても逆上せてもゴシゴシしてました。その現象を発見したのは偶然の産物でした。研究に研究を重ねた私はついにそのより良い泡立て方法を見つけたのです。少量のお湯を張った洗面器の中にボディーソープを入れ、生玉子を溶く際の要領で泡立てると、どうでしょう。少ないボディーソープの量でモコモコと物凄い泡が発生するのです。掌やタオルで泡立てるよりも簡単で、かつ量も多いのでかなり具合がいいですよ。これは使えます。みなさんも是非お試し下さい。と声を大にして言いたい所ですが、共同浴場や好きな人と一緒に入浴する際は気をつけましょう。泡業界では普通に使うテクニックでした。。。ショック。
[PR]
by te-ge-office | 2006-09-29 07:59 | secretの小部屋 twitter経由でコメントする
どこのカレー屋さんかなぁ?
d0053751_801153.jpg

仕事中に起こった不慮の事故により、地元である沖縄から遠く離れた地にて、生まれて始めての長期入院を経験した私。その期間、約一ヶ月の複雑骨折。幸いな事に会社が直前に加入した保険が適用され、キチンと入院費用と給料が保証されていたとはいえ、周りに頼れる人が少ない場所での入院は正直心細くありました。他の部位に異常(無呼吸は見て見ぬフリ)は全く無し。元気に満ち溢れ、性格上落ち着きのない私が食べて寝て、テレビ見て。点滴打っての単純生活に嫌気が刺すのは時間の問題。早々に病院の禁を破り、お散歩と称しては近場の三十三間堂映画館、食堂等を巡ったのです。ココぞとばかりに不良キャンキャンの横暴は留まる所を知りません。ついには近場で泡盛が飲める居酒屋を発見してしまいました。退廃した私の心に染みるであろう故郷の命の水。病院食で満足出来ない特殊な体型の私は毎日の様に通いました。あの近辺には不釣り合いの独特な雰囲気を醸し出していたそのお店は「あ゛」と書いて「あちょぼ」年配者のみが働いているという居酒屋。地元酒屋の資本で、とうの昔にリタイヤしたお年寄り達を再利用(?)するという大胆な発想が面白く、何と言っても、とにかく安いし美味しい。居酒屋店で必要なのはコレでしょう!メニューを通すのも一品が出てくるのも時間が必要な上、はたまた出てこない事さえもありますが、キチンと注意書きがされ初めから考慮に入れているのであれば問題なし。従業員とのコントの様な会話も楽しめるのです。退院し、傷もスッカリと癒えたので久々に足を運んでみると、残念ながら閉店しておりました。やはり厳しいのかな。しかしやり方を再検討すれば、これは観光地である沖縄でも有効に使えるシステムだと思います。安心感と懐かしい味を求めてくる地元客。観光客が求めているのは、ゆったりとした空気の流れる場所での地元の人との触れ合い。そして彼等は再び私達に会うために沖縄へ訪れてくれる事でしょう。高齢者の就職口も見つかるのでいい事尽くめと思うのですが。貴重な若い労働力をコンビニやガソリンスタンドで動かしている状況を見ると、何だか口惜しくてなりません。例えユックリだとしてもそれ位は待ちますよ。私は。
[PR]
by te-ge-office | 2006-09-28 08:00 | KIOTOの宴 twitter経由でコメントする
火事にならなきゃいいのですが。
d0053751_851031.jpg

一昨日バイクでブーンと移動していた時のお話です。懐かしいパフパフという警笛音が聞こえたので視線を歩道にずらしてみると、電動車イスに乗り込んだオッサンが音を鳴らしては周囲にピースサインを振りまいておりました。私の記憶が確かであるならば、彼は既に浅黒く変わり果ててしまった素肌の落書きを見せながら、国道58号線を同じ電動車イスで北に南に移動する人と同一人物。表現が物凄く難しいのですが、私はこのようなファニーな人間が大好きです。意識はハッキリとし、酔っぱらいという印象ではなく、かと言って危険な人物と言う訳でもない。上記オッサンは稀に彼女(奥さんではないはず)を同乗させながら往来します。かなりの確率で電動車イスなしでも普通に歩けるのではと私の中で予想されているオッサン。ねっ?ファニーでしょ?より良い車イスの環境づくりに対する彼なりのメッセージなのかもしれません。その真意は正直図りかねますが、オッサンの様なファニーな人は沖縄では結構目撃したと言う記憶があります。高校くらいまでかな。帰宅途中の通学路やいつものお店等に。子供心に色んな噂が飛び交い、その勇気を試すべく挨拶やワチャクをしてみたり。両親達も特に神経を尖らせる事すらありません。度が過ぎて例え怒ったとしても子供達を見守っている、躾けているという感じがありました。沖縄人は往々にしてお節介というかガンマリ(愛嬌ある悪戯?日本語にしづらい)が大好きという県民性もあるでしょうね。暫く沖縄から離れて過ごしていた私は何も起こらない道路に、面白くねぇなぁとシミジミ感じました。いつもの道を歩いていてもワクワクしないと言うかスパイスが利いてないと言うか何かが物足りないのですよ。学校からの帰り道。キョロキョロしていたら、あまりに挙動不審だったのか職務質問を受け、私がファニーな人になった事もありました。最近本当に見かけなくなりましたねぇ。線引きと言うかファニーな人とそうでない人の見極めがこれまた難しいんですよ。
[PR]
by te-ge-office | 2006-09-27 08:05 | Lequioの夕べ twitter経由でコメントする
ずーっと立ち乗りしておりました。
d0053751_833852.jpg

皆さんおはようございます。今日も沖縄はいい天気に恵まれ、私はとても気持ちの良い一日の朝を迎える予定でした。あの忌まわしい事件が起こるまでは。。。いい加減な人間の様で意外に几帳面な私は、定刻通りに目を覚まし、定刻通りに新聞を熟読し、定刻通りにご飯を食べ、定刻通りにシャワーに入ります。コレが私の朝のリズム。コレが少しでも乱れると、すこぶる機嫌が悪くなります。いつもの如く、今日も私はシャワーを浴びながらブログのネタをどうしようかとウンウン苦悩しておりました。超敏感な私。いつもだったらこんな事は絶対にありません。ししかしです。思い出しただけでもチョーショック。風呂場を出た私はゴミを捨てに出た母親とタイミング良くバッティング。そうです。母親と小さいキャンキャンとの25年ぶり位の再会です。お子さんを持つ女性陣のみなさま方はどうせ家着は下着姿なのだから、ケチケチしないで息子の成長を確認させてあげなさいと仰るかもしれません。しかしそれは優しく包まれている時までのお話。恥ずかしがり屋さんのボーイ達にとって、あの1枚の布切れが重要なのです。私が感じているコトの重大さとは裏腹に、平然とシラッとしている母親。そんな彼女の様子を伺うと、私は走馬灯の様に甦る記憶とともに確信犯的な疑念も感じずにはいられません。男の子の皆さんは誰もが経験していると思います。勉強そっちのけで青春時代に耽った夜の楽しみと消し去りたい目撃事件が。この事件に比べれば、大人の雑誌を見つかる気マズさなんか屁ですね。へ。経験者は語りますよ。その後、何事もなかったかの様に自然に振る舞う母親に対し、思春期満開の私は誰にも相談出来ないジレンマを生まれて初めて痛感しました。何か声を掛けてくれ。いや、やっぱりイヤだな。私が悪いのか。母親が悪いのか。きっと母親も同じ心境だったでしょう。嗚呼。思い出すだけで落ち込みます。。。家出でもしようかしら。早く自立しろという意見が正論ですが。これから母親になるという容疑者予備軍の女性の皆さん。必ずノックはしましょうね。ノック後10秒後に入ってもらえるとベストです。全男性を代表して。ヨロシクお願いします。
[PR]
by te-ge-office | 2006-09-26 08:03 | erosの所作 twitter経由でコメントする
この光景が見れたアナタは幸せ者。
d0053751_811977.jpg

ジム通いの成果も虚しく、目方の針はグルリと一回転。自制心自体が皆無で脂ギッシュのわたくしが女性に好まれる理由とは。自慢ではありませんが、こう見えても私は結構モテモテなんですよ。自分で話していている所が正直イタイのですが、女性達は私を異性としてではなく、珍獣と出会ってしまったのかの様な好奇の目で私を見るのです。あんまり男を馬鹿にすなよ。後から小さいキャンキャンでヒーヒー言わせたる(何故か関西弁で)からな。などと酷い事を心の中で思いながらも、私の方がヒーヒー言わされてしまうのです実際は。いつでもドコでも女心を捉えて離さないをキャチフレーズにしている私。そんなクールダンディーを目指している私が一番怖れているのは、女性の沈黙。面白いのか面白くないのか。楽しいのか楽しくないのか。それ位の意思表示はハッキリしろと声を大にして言いたいのです。こういう女性と会すれば、私はオチすらなく然程面白くもない話を大袈裟に話し、苦笑でも構わないのでその反応が欲しくなります。私と同様に女性を笑わせるという不思議な使命感に駆られている友人が、以前某離島出身の綺麗なお姉さんの同席する酒宴の席に呼ばれたそうです。彼は芸能活動をする彼女に少しでもお近づきになりたい思ったのでしょう。都会で活躍する彼女を笑わせたとなれば、私達からすれば勲章そのもの。自分の持ちネタを懸命に披露したのだそうですが、ピクリともしなかったお姉さん。彼女が極度の人見知りなのか、友人のネタが全然面白くないのかは私の知る由ではありません。しかしこの話を聞いた私はチャレンジ精神をムズムズと煽られる前に、不感症の女性って意外に多いんだなと改めて思い知らされたのです。人間の興味と面白いと感じる視点は人それぞれ。ですが接触すれば何かを感じませんか。これは遠慮とは違います。先日そんな彼女達をジッと観察していると、小鼻を膨らませ微々たる反応を見る事が出来ました。おっ!今の何が面白かったんだろう。この瞬間を思い返してみると、男性の矛先が自分に向けられている時ではなく、実は男性陣がワイワイ楽しんでいる時だったのです。その光景を見て自分なりに楽しむ女性。なるほど。男性が楽しくしていたら女性も楽しいという感情と心理具合かぁ。女心とは複雑ですな。
[PR]
by te-ge-office | 2006-09-25 08:11 | secretの小部屋 twitter経由でコメントする
クラさん?じゃないよなぁ。。。
d0053751_7302732.jpg

沖縄関連で行われる祭事や慶事の締めには絶対に欠かす事の出来ない踊り。アップテンポのリズムで会場に嘉利を付けて華やかせる。掻き合わせ(かき混ぜ)て喜びを共に分かち合い祝福しよう。と言う意味合いを持つカチャーシー。長い間生まれ故郷の沖縄を離れていた私が原点を見つめ直してからの課題は正直コレでした。沖縄出身の人間であれば全員が踊れると思われがちのカチャーシー。ハイ踊って!と軽く振られましても琉球舞踊や民謡をかじっていない限り、実際は結婚式でしか触れる機会はありません。私も含めて若い世代が披露すれば、取り辛いそのリズムに阿波踊りの出来損ないの様な締まりのない踊りを曝してしまうのです。それを知っている若者達はフンと鼻で笑いながら、滅多に重い腰を上げないのが現状ではないでしょうか。しかし私の経験上、カチャーシーは場数を多く踏まないと上手くなりません。恥を省みずドコでも踊る事を心がけている私は、ようやく十分程あわせる事が出来る様になりました。恐ろしい事にカチャーシーで用いられるは踊る人がいなくなるまで延々(CD以外)と弾き続けられます。会場にいるモノ達を心踊らせるのも唄者の技量。まさしく踊る人間とのガチンコ勝負。そうした酒宴の場でホロ酔い気分になったオジィやオバァがノリノリで踊るのを見れば、そのカッコいい振りや仕草に私は脱帽します。手の動きに足の運び。型やパターンはありません。未熟な私達はその踊りを盗み見る事で自分なりのカチャーシーの手数を増やしていくのです。沖縄の心とも言えるカチャーシーの継承が危うい。いつもの如く、勝手にそう思い込んでしまった私は考えます。エアが大流行の昨今。大胆にもそのシステムを導入し、エアカチャーシー大会を開催してはどうかと。シーンと静まり返った舞台上で、一心不乱に踊り狂う猛者達。第三者にその曲が伝わらなければ、即失格という壮絶なデスバトル。カチャーシーの技術だけではなく、イマジネーションと沖縄に対する思いや愛情も同時にぶつけるイベントです。んー。ヤバいくらいに超楽しそう。ピンと来ちゃったイベンターの皆さん。パクっても構いませんが、きっとエントリーするのは私だけかもしれません。悪しからず。
[PR]
by te-ge-office | 2006-09-22 07:30 | Lequioの夕べ twitter経由でコメントする
国際通りは県道39号線。
d0053751_7524814.jpg

常日頃から思っている事なのですが、私は本物を見極める目を養っていきたいと願っております。その作りや素材の善し悪しが把握しやすいブランド品や高価な物ですと、誰が見ても一目瞭然。しかし高いモノを惰性で購入するのと、良いモノに惹かれて購入するのではストーリーと愛着に雲泥の差があるというのが私の信念。その時に見極める目が発揮されるのですよ。コレが私のこだわりなのです!じゃーん!とカッコ良く決めたい所でしたが、考えてみれば自ら好き好んで不良品を求める人は少ないと思うので、コレって至極自然の事でした。。。何故こんなどうでも良い前フリをするのかと申しますと、今からアロングロングタイムアゴウのお話です。中学に進学したキャンキャン少年。チョコレートよりも甘く、銭湯よりも温くブクブクと育てられた彼はあるモノが欲しくて堪らなかったのです。それはイカす腕時計。中学に進学すると誰もが経験する大人の持ち物への憧れ。イガグリ頭のキャンキャン少年も同様に、スカスカした左手に流行の高級腕時計(普通の腕時計)を巻きたくて仕方がありませんでした。家路につくと泣きながら両親に必死でおねだりするのですが、結果はあえなく撃沈。ブルジョアな友人の左手を羨ましそうに眺めてはタメ息をつく毎日だったのでした。ある日。自宅にて日課であるタンス漁りをしていると、中から出てきたのは年季の入ったイカす腕時計。セイコー製の自動巻です。私は一目散に父親の元に走り、早めの形見として受けとると、友人に自慢しまくりました。友人の身に付ける高級デジタル時計とは重みというか風格と言うか。良く分かりませんが何かが違うのです。父親チョーカッコイー!大して勉強もしないのにチラチラ時間を気にしながら学校に通うのが楽しくてしょうがありませんでした。しかし昔から落ち着きのないチェリーなキャンキャン少年。机から落してはガラスを割り、傷つけ、現在ではドコに行ったのかも記憶にありません。当時より少し大人に成長した今、父親がその時計(高くないと思う)を購入した時の気持ちや情景を脳裏に浮かべると、私は申し訳ない気持ちで一杯になります。私もいつの日かは子を持ち、同じ父親になる事でしょう。と思います。想像もできませんが。その時、私も自分の子供に何かアゲれる物が欲しいのです。そして声高に自慢してもらいたい。オヤジの目は確か(時代問わずに)だぞって。そんな一品をいつも探しているんですよねぇ、、、実は。軽く考えているけど壮大な計画だな。
[PR]
by te-ge-office | 2006-09-21 07:52 | secretの小部屋 twitter経由でコメントする
自宅風旅行代理店?旅行代理店風自宅?
d0053751_7363653.jpg

こんな事はダレも気にも留めていないかもしれません。ここ最近、那覇近郊の所謂都市部のアチラコチラでオオコウモリ(遠くからなので、恐らく)を目撃する事実に皆さんはお気付きでしたでしょうか?高校時分の頃。親戚一同で墓参りに出掛ければ、薄暗く鬱蒼とした森の中で木の実を食べながら木にぶら下がっているコウモリ。私達の住んでいる場所ではあまり見る事ができないコウモリに、珍しさと気味悪さを興味本位に感じました。ご先祖さまに手を合わせるのも忘れ、面白がって石を投げる私達を尻目に、身体の倍以上もある大きな翼を広げ、自己の雄大さと自然の偉大さを厳かに誇示しながら、彼等は颯爽と飛び立ち消えていくのです。私のコウモリに対するイメージ。実際はそんな事は微塵も考えていないでしょう。沖縄の人口が増える(増えなくてもか)に従って進んでいく開発。僅かに残った森林までも気持ち良く伐採されていきます。都会の暗闇にコッソリと紛れ、隠れる様に生きている彼等を垣間見ると、ドコにも居場所の無い私自身がオーバーラップし、胸が締め付けられてなりません。ココは君たちのいるべき場所じゃないよ。チャンネルを捻れば、あからさまに視聴率獲得を狙った動物特番やクイズ番組が放映されている現在。人間は猫からイルカやカルガモに至るまで、可愛く、愛くるしい動物が目の前に登場すると、極端なまでの愛玩心を発揮します。動物が嫌いな私だから思うのかもしれません。言葉を発せないのを良い事に様々な団体のダシに使われている動物達。その潤んだ瞳を巧みに利用し、カワイイでしょ?守らなきゃ!と訴えている人々を見かけると私は違和感と疑問を感じずにはいられません。本心はソコじゃないでしょ?って。オブラートなんかに包まずにハッキリ言いなさいよアナタ達?お金を募る前に他にやるべき事はないの?と。こんな性格は間違ってますかねぇ?世間知らずの考え方でしょうか?
[PR]
by te-ge-office | 2006-09-20 07:36 | arteの庭 twitter経由でコメントする
沖縄ブームはこんな所にまでも!
d0053751_814084.jpg

週末に到来した大型台風が過ぎ去れば、急に秋の装いが感じられてきた沖縄。気付けば今年1度も海に浸かぬ間に夏は終わり、過ぎ去って行く時のあまりの早さに、敬老の日を跨いだ連休にも関わらずネタ探しを放棄していたキャンキャンです。沖縄について勉強している私が三線を本格的に取り組み始めてから、大凡1年が経過しようとしております。週に2回。現在公民館にて琉球古典音楽を。知人の自宅では沖縄民謡を日々勉強中。年季の入った先輩方の策略で、まんまとその会長に仕立てあげられた私ですが、現在とっているサークルと言う形態には疑問を感じずにはいられません。興味が全くない人間にはただでさえ取っ付き難く、気怠いだけの伝統芸能。私の通う三線サークルにも稀に見学者がやってきます。先生はその生徒達を逃がさない為に耳慣れたウチナーポップスや歌謡曲の練習をとって付けた様に始めるのですが、殆どの生徒はその楽しさに触れる前に三度来れば終了してしまうのです。以前は20名もいたと言う会員も、私を含め主力の6名が通うだけ。あとは1度も会ったことのない幽霊会員達ばかり。これでは会費の徴収もままならず、会の存続すらも危うい状態ですね。会長に就任した私は休会者も会費を払うシステムを提案したのですが、それぞれ家庭を持ち、趣味の範囲のメンバーに無理強いは出来ないのが現状。しかし幽霊会員や新規入会者が来ない理由は私には伝わっています。メンバー同士で交流と言えるものが全くなく、練習日に顔を会わせるだけで何も広がらず、習っていても楽しくないから。このギクシャクとする雰囲気は新参者には非常に辛い状況だと思います。と分かっていながらも、テコ入れするには少々厳しい年老いた面々の主力メンバー達。同じ事しか話もしないのでコチラのやる気から削がれます。先日、私と同年代の大人しい男性が入会しました。先生と一緒に三線を購入し、やる気はマンマン(と信じたい)介護の仕事をしている様ですので、先生を含め長老メンバーに万が一の自体に陥っても安心。デジカメを購入した先生は早速名簿を作ると張り切っておりました。本格的に勉強したい人達にとっては緩い三線サークルかもしれませんが、小さな楽しみどころは満載なんですけどねぇ。先生の経験も馬鹿になりませんよ。高齢ブロガーにでも仕立ててみるかな。。。
[PR]
by te-ge-office | 2006-09-19 08:01 | musicaの旋律 twitter経由でコメントする
気になるXデーまでは秒読み寸前?
d0053751_85987.jpg

常に沖縄の変な雰囲気のお店や怪しいお店にアンテナを伸ばし、沖縄の今を知るべく情報網を張り巡らせている私。危険が伴う場所へは決して行きませんが、コレは独特の嗅覚かもしれません。先日のとある日。私は普段は見る事のないスポーツ新聞を眺めていました。すると目に飛び込んできたのは、ハプニングの文字。ままさか。有り得んでしょ?私は自身の目を疑いながらも、まだ見ぬ新しい扉を想像しては武者震いが止まりませんでした。久々の潜入レポです。当初の予定では一人で行くつもりだったのですが、飲み会の席で気分がデカくなった私は、その勢いに乗じ、好奇心が強い女性(フリー)にコソコソと話を持ちかけ、軽く懇願。何もしないから!ねっ?ねっ?すると彼女は一瞬悩んだ様子でしたが予想外にもアッサリ快諾。ヨッシャ!ちょっとランデブーでもしてみますか?一夜限りのチョメチョメ等と有り得ない妄想を膨らませていた私は、鼻の穴が膨らんでいる事も気付かずにタクシーに飛び乗ったのでした。辺りにはキャッチの姿はなく、気味の悪い程静かな土地に、死にかけているテナントビルの一室。重くて頑丈そうな扉がデーンと私達の前に立ちふさがります。二人して息を潜め、そーっとブザーを鳴らすと出てきたのはあのお店と同じくマスク姿の男性。システムの説明を受け、料金(カップルは二人で三千円!)を支払った後、マスクを装着すれば、薄暗い店内は幻想的な空間(大袈裟)が広がっておりました。カウンターには単独男性が一人と、カーテンで仕切られた奥のボックスにはカップルが二組。私は挙動不審な行動をとらない様に注意を払いながら案内されたボックスへ。お店より安物の女性用コスプレ衣装をプレゼント。盛り上がってきたカップル達の淡い喘ぎ声がアチラからコチラから。おぉ!マジで!私の興奮は徐々にクライマックスへと向かっていくと、そのまま眠りこけました。付き添った女性曰く、イビキが物凄く煩かったそうです。蹴り起こされた私は、キレた彼女をものともせず眠たい目を擦りながら自宅へと帰ったのでした。私らしいオチですね。この話を聞いて興味を持たれた皆さんは注意して下さい。もし私だったら恐ろしくてスポーツ新聞に広告なんか出せません。超ヤバいぜ。
[PR]
by te-ge-office | 2006-09-15 08:05 | erosの所作 twitter経由でコメントする


検索
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧