Top

ウチナーヌ諸々


since2005.5.20



English Versions Here

Internet Kenjin-kai
HaiSaiMac
島唄カフェ いーやーぐゎー
三線製作事業協同組合
沖縄三線教室
みなみ芸能オフィス
みなみ三線店
三倉食品
新垣菓子店
沖縄のうわさ話
テーゲーネットワーク
琉球語音声DB
那覇美術造形学院
Cafeやぶさち
りゅうちゃん日記
バスマップ沖縄

ロックンロールニュース
UPLINK
MEDIA SHOP
vector::scan
Dumb Type
ピューピル
ICC
:::Torture Garden:::
アルバトロス・フィルム
BUBBLE-B

CD屋
ゴロソ
Econosys
池田亮司
Parallax record
Thrill Jockey
MEGO
Sonig
DWWW
raster-noton
a-musik

性の本棚
ALT-FETISH
fraeulein-ehrhardt
Marquis

ラブ・ファミコン
Nekocan@mac
Rez
任天堂
namco
ATARI
iPSP
ファミコンDB
Mac de Famicom
日本語化パッチ置場
ゲームラボ
HamariBros
PIN BALL
ムシキング

Sex, Drug & Macintosh
よしとよの専務室
沖縄で死ぬということ?
我稼餞老婆花
からくりロックバンド核
カンサツニッキ
つれづれ気まぐれ由来記
MGX
気になるフタ
柔らかな機械
蒼穹ぬムリカ星
女心日記
traveler's-high
cobanashi cafe
ハイカラぱんだ
赤玉蟲戦記
TWELVE
NEWKNOWN
マンブラー・チャンプルー

アマゾン検索
素材屋 千客万来
素晴らしき日々
オモチャ箱
ザイーガ
コロコロザイーガ
x51.org
ビバ★ジャイロ
Marie
喜屋武綾乃
喜屋武ちあき
きゃんまさみエキブロ
喜屋武WEB
きゃんずほめぱげ
東京喜屋武茶
キャンヒロユキブログ

<   2006年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧
twitter経由でコメントする
夏☆本番〜♪
d0053751_7273912.jpg

沖縄では夏を迎えると、アチラコチラで地元青年会による太鼓の音がセミの声と一緒に夜遅くまで鳴り響きます。地の奥底から深く震えてくる大太鼓の振動と、籠った音しか出ないスピーカーからジャンガジャンガするシャミ(三線)の音は沖縄の夏の風物詩。旧暦のお盆に帰ってくる祖先の霊を送り出す為、力強くそして優雅に踊られるエイサー。それは沖縄の若者達にとっては、憧れと格好よさの象徴でありましょう。公道にて日頃の鬱憤を晴らすべく、良からず&はみ出しを主張する者達もこの時ばかりは気合いを入れてニッカボッカを新調(全く付き合いはないのでイメージ)し、キチンと年長者の言いつけを守ります。地域住民達は若い力を温かい目で見守り、カンパ(飲み代)をしながら青年会を応援。若い男女が1つの事を成し遂げるという事は、出会いの場の意味合いも含まれています。いいなぁ。甘酸っぱいなぁ。青年と呼ぶには微妙な年代を迎えてしまった私は、今更ながら参加しなかった事への後悔の念に駆られるのです。しかし近年見るエイサー事情はというと、何かおかしな違和感を感じます。率先して参加してくださる方々は県外出身者のみなさん。引っ込み思案の地元沖縄人は観客。踊りの流行は見せる事が意識され、動きに感情が込められている創作エイサー。定番は殆ど使われる事はなく、日出克氏やビギン氏のヒット曲。オリジナリティーを出そうとモー娘の曲まで用いる有様。遅くまで行われるエイサーの練習に苦情まであるそうな。人気の伝統は絶やされる事無く受け継がれているので、現在の所は良いかもしれませんが、創作が主流になるやもしれぬ近い沖縄の将来を考えると末恐ろしいですね。皆が楽しんで貰えて観光客も喜んでくれたらとは思いながら、定番の曲じゃないと全然心が躍らない沖縄人の私がいます。複雑ですねぇ。
[PR]
by te-ge-office | 2006-07-31 07:27 | Lequioの夕べ twitter経由でコメントする
沖縄人の気質?ハウスセンター。
d0053751_7424497.jpg

私が小学生の時に越してきて以来、20年間住んでいる実家は3LDKのよく見かける間取り。とりあえずキャンキャン家2人兄弟の長男としてこの世に生を受けた私は、勉強と進学の名目でこの部屋の一室と勉強机(未使用)を優先的にゲットできるのです。溢れんばかりの期待と不安。大袈裟かもしれませんが、私にとっては生まれて初めての冒険でした。ドアには鍵まで付いており、秘密もガード(筒抜け)できてしまう勉強部屋という存在。素晴らしいですね。15年くらいでしょうか。この部屋にて私なりに色んな出来事がありました。出会いがあれば別れは付き物。歴史は繰り返します。私は進学のため、この部屋をかわいい弟に譲り、1人暮らしという次のステップへと進まなくてはいけなくなりました。それまで自分の部屋を持たなかったのに何故か勉強が出来る秀才くん。逆に言えば秘密の部屋を持っていなかったから勉強ができたのかもしれませんね。8年ぶりに遠征先からの帰還。嘗て私の基地だったその場所はもう面影(リフォームしていました)すら跡形も無くなっておりました。悲しい現実ではありましたが、私はこの部屋に戻る事が出来ない事は心得ております。渋々3LDKの最後に残った秘密とは縁遠いオープンな一室にて新生活をスタートさせたのです。とある休日。遅めに起床した私は酒臭い弟の部屋を開く(ノックした後)と、そこには見知らぬ女性が寝息を立てていました。バタン。夢ではない事を確認し、現実逃避しながら知らんぷりを決め込む私。それでも居たたまれずに出掛ける準備。この記憶はなかった事にしてしまおう。勝手にビビった私ですが、どうやらその女性とは弟の彼女だったようですね。そんな浮いた話とは全く無縁のキャンキャン家。私があの部屋にて唯一経験していない行為にチャレンジ(絶対に有り得ない)する弟を羨望の眼差しで見つめます。先日その部屋を離れた弟。見事私は返り咲き、プライベートを獲得したのでした。どうやら彼のXデー11月10日の模様。親不孝者の私には未だ詳細を何も聞かされません。思いっきり仏滅なんだけど良いのかな?
[PR]
by te-ge-office | 2006-07-28 07:42 | secretの小部屋 twitter経由でコメントする
寿司食べ放題かぁ。チェキ!
d0053751_8163150.jpg

ムムム。特に面白いお話も思いつきませんので、今日はメモ程度に。とある早朝、眠気覚ましに新聞をザッと眺めていると、オピニオン欄に54歳の女性から歌三線についての投稿。沖縄県外で生活した経験があるせいでしょうか。沖縄と三線という文字を見つけると、ついつい注目してしまう私です。興味深く読み進めると、ん?どうやら我が先生の話をしているではありませんか。泡瀬団地の集会場。海外移民の経験アリ。誰に対しても丁寧な口調で歴史・伝統を解説して話する。おぉ!ビンゴかも!知っている人が出演すると楽しいものですね。歯の浮く様なお世辞は少々気になりましたが、ローカルオピニオン欄の面白さを身を持って体感。日曜日。来年古典の新人賞を目指す予定で別指導を受ける為、原付で1時間かかる先生の自宅へ。到着してスグに早速新聞の話を確認してみると、薄い頭を撫で回しながら、エッヘッへ。見ましたかぁ?先生は大テレ。当初その仕草にカワイイなぁと思ったのですが、先生。まままさか。その女性に投稿しなさいと指示していませんよねぇ。不吉な予感が走ったのですが、そのまま練習に入ったので真相は闇の中へ。もしかしたら今日の講義のユンタクの話題になるかもしれません。私が振ってみようかなぁ。。。普段の公民館でのヤンワリとした講義と違い、自宅ではマンツーマンの為、先生の気迫が違います。あーあーあ。んーんーん。チガァーウ!いつもより増して抽象的な指導方法(口伝)に初心者の私は戸惑い気味。カンは捉えましたか?先生が講義中に仰ったこの言葉が全てを解放してくれました。なるほどね。恐らくそのまま写しとるのではなく、同じ歌でも表現方法は人によって千差万別ということなのでしょう。それを押さえなさいという事ですね。自分が生まれ育った伝統文化に触れる。以前は職を持ちながら精進して来たという先生。環境や軋轢等、私の考えも遠く及ばない様々な葛藤があったと思います。三線を通して何を見ていたのでしょうか。私にも見えてくるかな?よし。今日も練習を頑張ろうっと。
[PR]
by te-ge-office | 2006-07-27 08:16 | musicaの旋律 twitter経由でコメントする
沖縄と酒と孤独をこよなく愛する方に。
d0053751_7384145.jpg

興味の対象の大部分は自分自身というイタイコちゃん。自分が一番大好きではあるのですが、他人に褒められると毛恥ずかしくて非常に恐縮してしまう、おナルのキャンキャンです。中でも私が特にお気に入りの箇所。その視野の広さと、全ての素材が揃っていればスグに行動を開始するフットワークの軽さ。ではないかと思います。オッチョコチョイの性格と忘れっぽいことを除けば。もし私のことをご存知で違っていると感じたらご指摘下さいね。長い人生に於いて、全ての事象はその経過点に過ぎず、終わり(完成)なんて絶対に有り得ないという考えの元、あらゆる事にこだわらない柔軟さ。時には時間を必要とする場合もあるのです。時代の移り変わりと自己の心境の変化をゆっくりと重ね合わせ、経過点がどのように変化するのかを冷静に見つめます。学生時代。私は嘗て某美術雑誌の編集長の席に就いていたことのある大御所の先生に呼び止められました。おい!キャンキャン。オマエあんな作品を送りやがって。大まかに説明致しますと、彼は自身が引き受けていたコンペの審査で、私が出品した駄作を見せられ大恥をかいた。どうしてくれる。という偉そうな団塊世代の発言。確かに駄作ですが何か?アナタとどんな関係が?手心でも加える気だったんですか?受験戦争を経て、世間知らずで凡才の私達が4年間という短い期間で何かを習得しようとは土台無理なお話。結果のみを求めれば心は乱れ、途端にその人らしさやバランスは崩れだします。溢れ出す作品(コレもまた素材)に対してはストイックなまでに自己反映と精神修養を日々心がけていた私は学校サイドが求めていた事とのギャップに愕然としました。その先生の発言だけでそう決めつけるのは良くないですが、結局学校は企業なんですよ。いつの間にか消えて行くアーティスト達を幾ら育てても全然意味がないと思うんですけどねぇ。。。私には関係ありませんが。
[PR]
by te-ge-office | 2006-07-26 07:38 | arteの庭 twitter経由でコメントする
土木作業員御用達。
d0053751_891447.jpg

皆さんはキチンと野菜を摂取していますかぁ?昨今の異常気象で、きっと野菜の値段は高騰するかもしれませんね。飲食業を営む人達に取っての頭痛のタネといえば、それは野菜ではないでしょか。冷凍保存が出来る肉類と違って意外に長持ちしない生野菜。定期的に出なければ余計な出費ですし、出ればスグに無くなる。且つ凝ったサラダを作ろうと思えば、使い回しの難しい野菜を仕入れなければなりません。切ると意外に小さくなるレタス。以前私は某所離島にてタコライスを作っていた経験があるので、レタスがふんだんに使われている人気店には驚いたものです。一般人が知らない独自のルートでもあるのでしょうか?某所人気漫画喫茶店にて。私は時間を潰す為に入店しました。ご飯を食べながら漫画を読みふけると時間を忘れます。幸せなヒトトキ。私がその定食に付いていたサラダを食べようと箸を伸ばすと、明らかにパプリカではない黄色い野菜が目に入ったのでした。ん?良く見るとそれはアイスティーに添えられるレモン。サラダの為に盛られたとは考え難いレモン。有り得ないことにかじられているレモン。嗚呼。私の豊かな想像力は店内での数時間を遡ります。アカの他人の残り物でも平気で食べる(お母さん理論)ことが出来る、勿体ない根性丸出しの卑しい私ですが、明らかに食い止しだと分かると、流石に生々しくてアウトですね。言い訳ではありませんが、それは自主性の問題。食欲を無くした私は周囲のお客に気付かれない様にコッソリ&ヤンワリと注意し、店をあとにしました。外食では絶対に野菜は食べないと言っていた友人の気持ちが少しだけ理解出来たキャンキャンでした。かなりの確率で私は当るのよねぇ。。。
[PR]
by te-ge-office | 2006-07-25 08:06 | secretの小部屋 twitter経由でコメントする
天変地異勃発!オキナワ危うし!
d0053751_854515.jpg

子供が2人位いてもおかしくない年頃を迎えた現在に置いてもなお、未だに留まる所を知らない私の飽くなき探究心。その起源と言えばよいのでしょうか。私の性への目覚め(開花)は、ハッキリと今から20年前の小学校5年生の時と記憶しております。しかも同級生から受けたある言葉がキッカケ。当時から何ひとつ変わらず好奇心が旺盛で、探検と発見が大好きな性分のわたくしです。どういう状況だったのかは思い出せないのですが、ある日担任の先生(女性)の棚を漁ぐって(性格上言われないとやらないはず)いると、その場所の奥から出て来たのは触り心地の良いフカフカのアレ。まぁ所謂生理用品なのですが、何も知識のない私は普通になんじゃコレと棚に戻しかけた時、その姿を同級生のマセた女子に見つかってしまったのです。イヤぁ〜ん♥エッチ。彼女は意味深な言葉を私に吐き、不敵な笑いを浮かべるとその場からサッと立ち去りました。何がエッチなの?私が?コレが?先生は学校にエッチな物を持って来ているの???今でしたら軽く笑い話で済ませることもできるのですが、幼い私にはその現実の処理方法が分からず、相談する相手も無く非常に苦悩したのです。いつも楽しくて面白い先生の中には私の知らない先生(好意アリ)がいる。当然それは先生の生業(仕事)であって、隠さないとイケナイ事など全くない私との意識のズレなのでしょうが、それを垣間見てしまった時の衝撃。言葉に表せず大きかったのです。と同時に私の中に刷り込まれてしまったエッチなものは隠すべきなのだという暗黙の了解の掟と、秘めたる物への興奮と。アイドル並み(家庭の事情もあり)に下ネタには反応しないキャンキャンムッツリ街道の華々しいスタートです。いつの間にこんなにオープンになったのかしら?先日私を開眼させてしまった女性にこの話の確認とったのですが、全く覚えていませんでした。責任取れぇ!
[PR]
by te-ge-office | 2006-07-24 08:05 | erosの所作 twitter経由でコメントする
ココんとこかなりご無沙汰。
d0053751_7441120.jpg

三線の練習後、自宅に戻るとテーブルの上には今まで見た事もない花束が。ふふふ。知らなかっただろう。何十年ぶりかに見せた妻への愛情表現にクールダンディー(天然)の父親は鼻の穴を膨らませ、自分に酔いしれながらノソノソと寝室へと入りました。そういえば今日は母親の誕生日(マッチと同じ)でした。私達の家庭では昔から記念日を余り重視していなかった様に感じます。クリスマスにもサンタさんはキャンキャン家だけは素通りして行きました。そういう教育方針だったのでしょうか。晩ご飯のおかずが少々豪華になる程度。私の朧げな記憶の中でもお友達を呼んでプレゼントをもらうお誕生日会をした経験は1度きりしかありません。この様に育てられたからなのかは分かりませんが、実は私は目立ったり主役になるというのが超苦手。自分の名前が取り上げられると顔から火が吹き出る位ハズカシい。意識して相手を酷評したり、悪態ついたりして自分自身を追い込み、その行動と考えを再確認(間違いを怖れない)する事はありますが、普段は自分をアピールする事はありません。求められてない限りは。学生時代のお話。皆が集まった自己紹介にて自分はT.K.の影武者(19歳)だと豪語する人物がいました。ヒット曲の殆どは自分の作品と。サスガ関西人。真偽の程は分かりません(興味なし)がツカミにそこまで言うのかと私は逆に感心しました。沖縄にはいないであろうキャラクター。自己主張の強い性格は沖縄では冷ややかな目で見られるからかもしれません。自己紹介は記憶に残る印象づけが大切。周囲の心を一瞬にして掌握した彼はその後、生徒会長の座まで登り詰めるのです。シチュエーション好きの私は目立ちたくはないのですが、ただ羨ましかったんですよ。生徒会長というステータスが。私はその時なんてアピールしたんでしょうね?沖縄生まれという事とキャンキャンと言う名前だけでスグに覚えてもらえた私は今まで自己紹介に苦労した事がありません。
[PR]
by te-ge-office | 2006-07-21 07:37 | KIOTOの宴 twitter経由でコメントする
オレの愛車は止まってくれない。
d0053751_758362.jpg

自他ともに無類の音好きを認めている私が最近かなり疑問に思っている事。本当に黒人達は自分達の存在意義やアイデンティティの象徴ともいえるブラックミュージックを愛しているのかという事です。ナニイッテンダYO!ヒップホップノヒノジMO!シラナイオマエNI!ナニガワカルンダYO!なんてナンセンスな事は決して言わないで下さい。僭越ながら、小学生の頃からブラックミュージックを愛しているファンキーな弟(天パー)を持つ私はキチンとその道も押さえております。私の趣味ではないのでB系の格好はしませんが、誰よりもブラザーの心は理解していると思っていまSU!アメリカでは普通に認知され楽しまれているカントリー音楽。その似た曲調を聞く度に私は理解に苦しみます。あくまで個人的イメージ上での話ですが、日本にて大ヒットしているという話は聞きません。それは沖縄出身だからと言って県民全員が地域性に富む沖縄音楽に興味を持っているわけではないのと同様に。幼い頃から慣れ親しんでいた土地柄と、脈々と受け継がれている血がその音に受け入れやすい影響(沖縄ではチムワサワサァという表現)を及ぼしているであろう事はある種の事実。そこで考えるのはジャンルとして大きく確立されているブラックミュージックなんです。同様に大雑把な社会性や地域性の共通項はあるかもしれませんが、抑圧を受けている全ての黒人に対しての支持となると疑問を感じます。某所にてエアM.C.をしながら楽しげにバカ騒ぎしているブラザー達をボーッと眺めていると、私は1人でフロアをうろつく寂しげなブラザーに気が付きました。開襟シャツを上から羽織り、ミネラルウォーターを飲みながらブラックミュージックを周りとは違ったノリで楽しむ小太りのブラザー。私は彼を観察する度に自分の姿がダブって見えました。恐らく彼はブラックミュージックがそんなに好きでは無いのではなかろうかと私は読みます。しかし周囲のブラザーの目はそんな彼を許さないのです。先入観で人種の価値観を固めていた自分を私は恥じました。私と同じ様に気弱で自意識過剰なブラザーも中には存在するのです。出来るのであれば小太りブラザーと話してみたいな。
[PR]
by te-ge-office | 2006-07-20 07:54 | musicaの旋律 twitter経由でコメントする
この空間がいいんだよねぇ。
d0053751_748045.jpg

皆さんおはようございます。突然ですがハンズフリーはイイデスネ。車を運転しながら電話出来るこの携帯にもうメロメロの私です。何でもっと早く機種変しなかったんでしょ?それはさておき、会社設立(当然倒産も)が日本一多いといわれている沖縄では、古くから小さな音楽レーベル出版社があります。沖縄県外ではこの状況は伝わりにくいかもしれません。自己主張が強い県民性なのでしょうか?それとも黙ってられない性格?資産を投げ打っても面白い事にチャレンジする博打好き?場面によって状況が複雑に絡まりあうでしょう。中でも俗に県産本と言われるマイナー出版社のリリースする本は年々増えております。自伝を自費出版というご年配方も多い故に成り立っているのであろうと思われるこの商売。いつ頃から始ったのかは分からないのですが、盛り上がりを見せたのは89年に出版された「おきなわキーワードコラムブック」からと記憶します。テレビ番組から漫画まで。同時多発的に沖縄自身が改めて自分達を見つめ直し始めた時代。老いも若きも県民がこぞってこの本を読みました。それから15年が経過。私の同世代達がリニューアルした「新!おきなわキーワード」を読みながら、私は驚愕の追体験をしたのでした。沖縄の子供が初めに覚える英語は「ユーファイトミー?」という一節。この記事を書いた人間の情報は知らされてないのですが、実は私も全く同じ体験をしているのです。流石にファイトはマズいだろうと考えた私はアメリカ人を見かけると「ユーノーミー?」と言いまくってました。ネットもない時代。子供の言葉遊びとはいえ、沖縄規模ではありますが同世代達が全く同じ事を考え同じ行動をしていたとは。私達の上の世代が受けたカルチャーショックを私はこの時に垣間見た気がしました。そのバトンを受けて私達は何を行い、次の世代に何を伝えるべきなのでしょう?個人的には今は沖縄を斜めから見る時代だと思っております。次の世代まで沖縄はあるのかしらね?
[PR]
by te-ge-office | 2006-07-19 07:44 | arteの庭 twitter経由でコメントする
男は器量?女は度胸?
d0053751_7225232.jpg

先日のお話。友人より面白い話を聞きました。女性は上書き保存で、男性は名前を付けて保存(for Win)一体何の話をしているのか?夫々の立場からの諸説あり、一筋縄ではいかないのが男女の恋愛観。確かに考えてみても、パンピーの私も同様に少ない恋愛経験(片思いは星の数)を綺麗にまとめ、思い出として動きの悪いハードディスクにコッソリと忍ばせております。このブログの存在もその1つ。年を重ねる毎に日々薄れていく大切なデータ達。恋愛に限らず、そういう諸々のシガラミ全てから解放されるのであれば、人生とはどんなにハッピーで楽しい事でしょう。ツレや彼女と飲み方のペースを合わせるのが物凄く苦手な私。且つ2杯くらいで次へと移りたい。ショッピングをするにしても1つのお店でダラダラと選ぶのは絶対に無理。そんな身勝手で自分本位なガキンチョの私は、何かと気楽という理由から1人で行動するタイプでした。それが30歳を迎えた辺りから、私の1人好きに益々と磨きがかかってきている様な気がします。歯が浮く様なクサい言い方をするならば、思い出だけで生きて行けるみたいな。諦めの境地に達してしまったのでしょうか?要するに何が言いたいのかと言いますとですねぇ。。。明日からフランス人と付き合いますとメールにて有り得ない別れを宣告(私に諦めさせる為に嘘をついていると思っています)され、一切連絡が取れなくなってしまった彼女(留学先はフランス)との思い出の携帯を今日機種変してきます。もう2度と伝言メッセージにある彼女の声は聞く事が出来ません。ケンカをしている時に吹き込まれたので、あまり良い話していませんが、その声を聞く事だけが私の支えでした。しかし度重なる悪条件に曝された結果、おかしな物が映りだした写真とメールを打つ度に落ちる電源はもう限界。形ある物から次の段階へと移行する時期なのです。バイバイ携帯。ありがとう携帯。これから最新機種と新しいデータを作っていきます。1人でね。ただね、、、留守電入れてくれたら、ものスゴく嬉しいです(←カッチョワル)
[PR]
by te-ge-office | 2006-07-18 07:22 | secretの小部屋 twitter経由でコメントする


検索
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧