Top

ウチナーヌ諸々


since2005.5.20



English Versions Here

Internet Kenjin-kai
HaiSaiMac
島唄カフェ いーやーぐゎー
三線製作事業協同組合
沖縄三線教室
みなみ芸能オフィス
みなみ三線店
三倉食品
新垣菓子店
沖縄のうわさ話
テーゲーネットワーク
琉球語音声DB
那覇美術造形学院
Cafeやぶさち
りゅうちゃん日記
バスマップ沖縄

ロックンロールニュース
UPLINK
MEDIA SHOP
vector::scan
Dumb Type
ピューピル
ICC
:::Torture Garden:::
アルバトロス・フィルム
BUBBLE-B

CD屋
ゴロソ
Econosys
池田亮司
Parallax record
Thrill Jockey
MEGO
Sonig
DWWW
raster-noton
a-musik

性の本棚
ALT-FETISH
fraeulein-ehrhardt
Marquis

ラブ・ファミコン
Nekocan@mac
Rez
任天堂
namco
ATARI
iPSP
ファミコンDB
Mac de Famicom
日本語化パッチ置場
ゲームラボ
HamariBros
PIN BALL
ムシキング

Sex, Drug & Macintosh
よしとよの専務室
沖縄で死ぬということ?
我稼餞老婆花
からくりロックバンド核
カンサツニッキ
つれづれ気まぐれ由来記
MGX
気になるフタ
柔らかな機械
蒼穹ぬムリカ星
女心日記
traveler's-high
cobanashi cafe
ハイカラぱんだ
赤玉蟲戦記
TWELVE
NEWKNOWN
マンブラー・チャンプルー

アマゾン検索
素材屋 千客万来
素晴らしき日々
オモチャ箱
ザイーガ
コロコロザイーガ
x51.org
ビバ★ジャイロ
Marie
喜屋武綾乃
喜屋武ちあき
きゃんまさみエキブロ
喜屋武WEB
きゃんずほめぱげ
東京喜屋武茶
キャンヒロユキブログ

<   2006年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧
twitter経由でコメントする
止められた時間。
d0053751_7552553.jpg

みなさんおはようございます。沖縄では早くもセミが鳴き始め、例外ない強い日差しにかなりバテ気味のキャンキャンです。こんな時は何か涼しい話題を。3桁を行ったり来たりする私の暑苦しい体格からも想像できるのでしょうが、私は冬が好き。特に寒い場所は脳内の血流がスムーズになる感じが心地よく、テキパキ効率よく作業が出来ます。冬生活の厳しさを全く知らない沖縄出身の私。冷たい雪を生まれて初めて見たのは中学の修学旅行の時に訪れた黒部ダムでしょうか。しかし既に汚れて黒ずみ、固い氷へと変化していた塊は私の理想のアレとは程遠く、幻滅せざるを得ませんでした。それから6年後。再度本土の地を踏んだ私が一番に楽しみにしていたのは冬の到来。場所にもよるのでしょうが、都市部には雪って思ったより積もらないのですね。知りませんでした。翌年電車が止まる程の大雪に遭遇し、見事フワフワの雪と一面の銀世界を体験するのです。目に見える四季の変化は日本の特徴。不衛生だと知りつつも空に向かって口を大きく広げ食べてみたり、バスから冷ややかな目で見られても友人と1m大の雪玉を転がしたりと田舎者キャンキャンは大満喫したのでした。それ以来冬は大好き。シバレル感じが気持ちいい。唯一困った事と言えば、着る冬服が少ない事ですね。異論反論でるとは思いますが、年中軽い装いで過ごせる沖縄人は重ね着がヘタッピだと思います。というか私にはマフラーの着こなし方(結び方)が全く理解出来ません。大好きな冬を身体で感じる為、真のオシャレとは薄着なんだよと周囲に吹聴しながら、年中沖縄と変わらないTシャツと島ゾウリで過ごしたのでした。真実は仕送りの大部分を遊興費に投じていたので冬服の購入を毎回見送っていたのですが。南国生まれの私も京都の夏だけはイヤですねぇ。。。人間のヤル気が削がれる暑さですよ。この暑さに乗じて痩せないかなぁ?
[PR]
by te-ge-office | 2006-06-30 07:45 | KIOTOの宴 twitter経由でコメントする
沖縄は刺す様な日差しです。
d0053751_7534141.jpg

いつの時代も多くの若者を虜にしてきた音楽。ある時は明日への活力や原動力に。又ある時は傷ついた心を慰め、気持ちをリラックスさせる作用もあります。オレたちはやりたい事をやってるだけだとミュージシャン達は粋がってみても、社会性や時代性は顕著に反映されるのです。数多の思い出はBGMとなって刷り込まれ、懐かしく針を落してみれば、甘酸っぱく青臭い香りとともに鮮明に甦る記憶。当時ロック青年だった私は父親世代のハードロックを聞きながら、全然ハードじゃねぇジャンとガムを噛みながら感じたものですねぇ。若さとは無知。若さとは勇気。恐れをモノともしない世間知らずのハードロッカーキャンキャンは音楽好きが高じて奮起し、バンドを組みだしたのでした。しかし楽器歴ナシのパンクなキャンキャン。組んだは良いけど何しよう。。。バンド形態には作り上げる曲によって様々な組合せが考えられます。イメージ先行の私が絶対やりたくなかったパートはキーボード。鍵盤を弾けない事は置いといて、アノその場から動けない出立ちが見た目マヌケで格好悪く感じておりました。要らないだろと思ってました。若いですねぇ。今ではシンセの電子音ばっかり聞いているなんて考えられません。で私に何が出来るの?経験なしでも取り敢えず出来る楽器と言えば。大きな声では言えないのですが、実はヴォーカルやってました。なんじゃそりゃ!今から考えると超ハズカシい事実。2回程ライブというものをしてみましたよ。ハイ。今では超甘酸っぱい思い出です。現在イヤなパートはリードギター。悦に入りながら超絶テクを見せつける姿勢がチトさぶい。
[PR]
by te-ge-office | 2006-06-29 07:53 | musicaの旋律 twitter経由でコメントする
沖縄グラフィティ界の現状。
d0053751_7531591.jpg

沖縄出身の女性のパワフルさや強さと言ったらもう。家事に子育てにランチ巡りと習い事。ゆんたくが始れば飲み物1つで長時間話し込みます。そんなハードスケジュールの奥さんに尻を引かれつつ、家庭内に関する大概の事は任せっきり。比較的シャイな男性が多いと考えられる沖縄ではオシャベリだったらダンパチャー(断髪屋)でしろと昔から良く言われます。働く男達の社交場である自宅からほど近い理髪店。休日の昼過ぎ。ベビーパウダーの甘い匂いが漂う店内で碁や将棋を指し、ウトウト居眠りしながら有意義な時間を戦士達は過ごしたのでした。同世代の意識下にある懐かしい温もりある日常風景。私の近所にも某離島出身の夫婦が営んでいる古ぼけた馴染みの理髪店がありました。イガグリ坊主の私は同じ漫画(エロ)を繰返し読みながら、父親のパーマあて終わるのを待つのが好きな時間。しかし思春期を迎え、お洒落に目覚めた私は次第にその理髪店を遠ざけたのでした。マイペースの父親は相も変わらず通っていた様ですが、何となく洗練されていて大人の男のイメージがするチェーン店の理髪店へと足を向けます。カリスマ美容師が流行った高校時代は美容室へなんかもね。ご近所が故の残酷さ。道でバッタリ店主と出会えば元気かと声かけられるのですが、超気まずい空気。それからと言うもの私は理髪店の人とは仲良くなるまいと心に誓い、いつしか理髪店すら行かなくなりました。現在閉店してしまった店舗を私は横目に見ながら思います。もう一度会って謝りたい。何て?髪切らなくてゴメンナサイ?違うよなぁ。栄枯盛衰、人情だけではやっていけない社会の厳しさとはいえ、切なすぎますね。ゆいまーるの名の元に、こうしてドンドン地域の店舗は閉店して行くのです。ルールを守りながらもっと楽しく頑張ろうぜ!点が線になり面へと繋がればイカスんだけど。。。
[PR]
by te-ge-office | 2006-06-28 07:53 | Lequioの夕べ twitter経由でコメントする
名作SM劇場 羅生門/三蔵法師
d0053751_74631.jpg

キャンキャン秘蔵コレクションより。映画に限ったお話ではありませんが、所属会社や監督の意向によりレーベルというのは一貫した傾向を持ちます。得意分野といった方が分かりやすいでしょうか。細分化されマイノリティーな嗜好を持つ視聴者側も自分の好みに応じた作品を選びやすいというメリットもあります。しかし裾野広がるアダルトな世界では気が遠くなる様な情報収集力と余程の金銭的余裕(定価購入)がなければ、自分好みの作品に出会える確率は天文学的な数字に昇りましょう。そこまでして欲している人がいるかは知らんけど。当時私は古めかしいアダルト専門店にて面白そうな素材を探しておりました。飽きっぽい私は女性という偶像を眺め耽るのにホトホト嫌気がさしていたのです。映倫が定める倫理観の中でアバンギャルドな事をしているレーベルもありました。がパッケージから受ける印象は実際の内容とはかけ離れ、殆ど正確な情報を得られません。半ば諦めかけていた矢先、私はSMコーナーでもキラリと光る衝撃的な作品と出会ったのです。時代を感じさせる斬新な装丁からして衝撃的。折しも私の研究テーマであった人形(文楽に近い)を用いた映像作品。私はこのビデオ店から何度同じ作品を借りた事でしょう。名も無き仕置き人が延々と女性を嬲り続け、放尿を促すのみの羅生門と、捕われの身になった三蔵法師が鬼に弄ばれ、屈辱の射精を強いられるのみ作品内容。収録時間30分。悲壮感漂う巨大なセットと白く光る人形の息づかいが私の心を鷲掴みにしたのです。コレがSMの世界か。奥が深い。当時の雑誌によると名前をださない約束で大物人形師が製作し、3億円の巨費が投じられた様ですが、名作SM劇場の名も虚しく2本作成してプロジェクトは終了したそうです。一昨年オークションにて遂に現物(1997年と表記。恐らく再発)をゲット。制作関係者の皆さんへ。満足している人間もなかにはいるんですよ。20年経過した今こそ名作劇場を再開させて下さい。切望致します。残るもう1つの作品も是非とも見てみたいね。
[PR]
by te-ge-office | 2006-06-27 07:46 | erosの所作 twitter経由でコメントする
沖縄県某所スナック耳。
d0053751_741461.jpg

女の子の様にフワフワ(特に意味なし)と。毎日バラ色生活で楽しく凄し、古都某所の隣にて大学を無事に卒業した私。その楽しい生活はそのまま確変へと突入。当時は将来への不安の欠片すら微塵も感じませんでした。数々の沖縄関係のイベントをお手伝いし、充実していた私に必要だったのは彼女という存在のみ。金さえだせば何でも購入できる現在に於いても、特殊な状況を除いては販売していません。お互いのフィーリングの合致が重要です。自分のキャラをある程度把握していた私は朗らかでファニーな笑顔の下に毒牙を覆い隠し、食虫植物の如くタイミングを虎視眈々と狙っておりました。いやぁドコの世界にも物好きはいるのですね。恋愛の達人である私のアンテナはビンビンに反応(感度良好すぎて勘違い多々)します。忘年会にて出会った何年かぶりの私の彼女。思うのですが、異性とお付合いをする際に重要なポイントはその主導権ではないでしょうか。時と場合によって意識をしながら主導権を変えてみる事は関係のバランスを保ちやすいと思います。しかし恋人若葉マークの私は久々の彼女という存在に、いつしか彼女の顔色のみを常に伺っておりました。こじれるまでの3年近くの間ずっと。私には全く理解できない起伏の激しい性格がそうさせたのかもしれません。そしてそんな彼女のご機嫌を得るべく私が身につけたテクニック。表情が豊かでイジメラレッ子の私にしか出来ない技。眉毛をハの字にし、幸薄いシュンとした私の顔を見ると、優越感を刺激されてか彼女はイナイイナイバーをされた赤子の様にキャッキャとハシャギました。その喜ぶさまが物凄く嬉しくて、ケンカする毎に連発していた私。すると気付けばその幸薄い顔はいつしか私のクセになっていました。心ならずも反省しているかに見える顔。それから何年が経過したでしょうか。年を重ね、いつのまにやら額に出来ていた消えないしょんぼりジワを鏡でボーッと眺めながらそんな昔の日々を思い出しましたよ。
[PR]
by te-ge-office | 2006-06-26 07:41 | secretの小部屋 twitter経由でコメントする
モテモテ高良大統領のお席です。
d0053751_7453533.jpg

今日沖縄では慰霊の日。祝日ではありませんが、正午の時報が鳴ったら皆でウートートーしましょうね。パッと見おっとりとして付け入りやすそうなイジメラレッ子(実際は高血圧の短気者)のキャンキャン。齢30にして生まれて初めて子分を持ちました。大学時代に可愛がっていた後輩から同居人が沖縄に行くからヨロシクとお願いされ、2つ返事で会う事に。先日の苦い失敗から私は物凄く気合いが入っておりました。絶対に沖縄を満足させたるで!鼻息荒く向かった先にいたのは18歳の男の子。チミ、ももしかして卯年生まれ?そうです。とうとう現れてしまいました。俗にいうヒトマワリと言う奴です。そっかぁ卯年かぁ。ショックで暫く放心状態。初めての彼女が生娘じゃなかったというよりも重い現実です。考えてみれば私も諸先輩方からご飯をご馳走になり、礼儀や言葉遣い等色んな事を教えて頂きました。私も30歳を迎えて次の世代を担うべくバトンが回って来たという事なのでしょう。それは私自身の成長の為にも。12歳。自分の子供や兄弟と言うわけでもなく中途半端な年の差です。オッケー!じゃあ私の子分になってね。契約は成立しました。何で沖縄に?何が好き?何がしたいの?彼を理解する為にとりあえず質問攻め。はぁ、、、自分探しに。この手の回答には大変難色を示す私ですが、グッと堪えて数ある方法を導きます。まだ若いしね。1ヶ月間いるそうなので沢山の人と話させ、色んな経験をさせてあげようと思っています。しかし私の財布が持つか正直心配。いきなり扶養家族が増えた様なもの。各種料金は単純に倍額。子供を抱える親は大変だわと改めて実感しました。でも親分の意地を見せてやる。出来るだけね。。。
[PR]
by te-ge-office | 2006-06-23 07:45 | secretの小部屋 twitter経由でコメントする
今をトキメクあの人も普段はやる気なし。
d0053751_8115120.jpg

昨日事務所の人に誘われ、断りきれず久々に飲みに行きました。父親と同級生で40年来の付き合い。父親の若かれし日のお話を伺いました。しかしタダ酒なので調子の乗って飲み過ぎ、朝目覚めると帰りの記憶がありません。胸のムカつきを抑えきれず朝食後に嘔吐。体が毛怠くて完璧に二日酔いです。と言うことで今日のネタはパスさせて下さいね。最近調子悪いし。お詫びと言っては何ですが、異様な盛り上がりを見せている沖縄ローカルゆるキャラの日常をスクープ。実は私も初めて会いました。お休み中でしょうか?心持ち魂が抜けている様に感じます。自身のブログの中ではチャキチャキと軽快に動き回って、皆と仲良く楽しそうにしているものの、真実は社員からぞんざいに扱われている様です。可哀想に。バレると某社の社員に抹殺されるかもしれませんので、誰にも言ってはイケマセンよ。これもどうでも良い話なのですが、最近早朝に近所で見かける女性(30代だと思う)のホームレスが超気になります。私の住むアパート併設公園のすべり台にうずくまり眠っています。家出なのかなぁ?年中温暖でドコでも眠れる沖縄(寒さが厳しい京都にもいましたが)はホームレス天国。生活の厳しさは感じられず、アチラコチラで呑気に酒盛りしております。とは言っても彼女は女性。私の勘違いだと良いのですが、もし家なき子だとすれば是非ともその経緯が知りたいですね。不謹慎かもしれませんが、昔からいる有名なホームレスを見る(縄張りアリ?)と何故かホッとします。
[PR]
by te-ge-office | 2006-06-22 08:11 | secretの小部屋 twitter経由でコメントする
スゴい人選。分かりますか?
d0053751_8363734.jpg

先日私がブログを始めるキッカケにもなったブロ友のサンシンさんが来沖。現在日本を離れ、遠くイギリスで社会学を履修する彼。三線とエロ(社会学の見地から)をこよなく愛しているというひょんな事(私は何を調べていたのでしょう?)から繋がった私達です。彼が綴る文章から受ける礼儀正しい印象。昔で言うとペンパルでしょうか。一体どんな人物なのだろう?もし嫌いなタイプだったら。。。私の妄想は駆け巡ります。なんだかワクワクと恋人気分の様な妙な感じ。こういう適度な興奮は新鮮ですね。飛行場へとやって来たのは少々あどけなさが残る知的な男性。私好み。ははじめましてキャンキャンです。今回彼の旅のコンセプトは徳之島の闘牛巡り。与論島から屋久島までの南西諸島の島巡りの起点として私に会いに来て頂きました。しかし本島での滞在は1泊2日の限られた旅。何したいですか?ドコみたいですか?限られた時間を充実させるべく私は聞くのですが、右も左も分からない観光客に聞くのはナンセンスですね。沖縄を勉強している私ではありますが、いざ身を委ねられると正直困りました。ごめんなさい優柔不断なんですよ私。様々な要素が重なると、食べる場所さえ満足に決められない情けない男なんです。とりあえず初日は沖縄に明るい小浜さんのお店「いーやーぐゎー」で1杯酌み交わしながら情報収集。次の日は興味を抱いた地を車で巡ると言うコース。観光客を相手に車でザッと回るだけだなんてガイドとして最低ですね。あー情けない。珍しい泡盛が置いてあるバー「天地」にて別れ、彼は翌朝与論島へと旅立ちました。もっと色んな事を話したかったんだけどなぁ。意外にも緊張してましたよ。次回はゆっくりと泡盛を飲みながらご飯でも食べましょうね。観光客を満足させるのは難しいと再確認。もっと勉強しておきます。
[PR]
by te-ge-office | 2006-06-21 09:07 | Lequioの夕べ twitter経由でコメントする
ベタベタ狙いすぎヨ。
d0053751_7532076.jpg

私が学生時代を過ごした古都は某所。あまり大きな声では言えないのですが、比較的平穏な現在でもドンパチ危険地帯として全国紙面を飾る場所だったのです。或る時は手榴弾が爆発した事件もありました。終戦から60年が経過。沖縄の田舎から上京して来た私は戦争はまだ終わってないぞと再確認したものです。シャレにならない冗談はさておき。私が駅前のゲームセンターでバイトをしていた時の事。主な業務内容はオープン/クローズ準備と掃除と不良君の監視。あとは如何にボーッと何も考えずに時間をやり過ごすかが重要なポイントです。私が経験したお仕事でも比較的楽。しかしそのボーッとしていたのが周りの中高生には妙に威圧的だった様で、落書き帳には似顔絵付の「店長コロス」というカワイイ脅し文句が綴られ、日々を楽しくコミュニケーションしておりました。そんな小さい駅前のゲームセンターで事件は起こったのです。明らかにゲームを楽しむ年齢ではない業界人が来店。当時その筋の人と面識のないウブな私に緊張感が走ります。その緊張感はゴミ箱にブ○ンの空きビンが転がっていたのとは比較にもなりません。兄ちゃん。両替機壊れとるど。。。ふーぅ。ビビりました。しかしながらアルバイトの私には両替機を扱う権限を与えられてない為、後日連絡しますと伝え、適当に景品をプレゼント(秘密ですよと見えない信頼関係を築く)してお引き取り願いました。ところが社員に経緯を報告し確認してもらうと、そういうミスは見当たらないと言うのです。皆さんお気付きでしょうか?そうです。なんと彼等は巧妙に策を練った景品詐欺だったのです。冗談です。両替詐欺だったのです。同様の手口で近辺の両替機を荒らす事件が横行。いい年した大人が仕事もせずにチマチマと食いつないでいる様を見て、私は社会の縮図に触れた気がしました。蔑んだ目でみる気はありませんが、ドコにでもこういう人はいるんだなぁと感慨深かったものです。何が楽しいんでしょう?やるんだったらもっとスマートにやればいいのに。景品あげて良かったぁ。
[PR]
by te-ge-office | 2006-06-20 07:53 | KIOTOの宴 twitter経由でコメントする
(C)TEZUKA PRODUCTION
d0053751_738813.jpg

皆さんおはようございます。最近少々お疲れモードでキレの悪いキャンキャンです。まったりマイペースに行きますね。沖縄に限らず近年のお土産で人気が高いのは、企業とのコラボレーション(?)である地域限定のお菓子。香料等で大凡に味を再現されたそれらのお菓子自体は何処で作られているのかすら不明なのですが。まぁ、観光客の皆さんは喜んで購入されているので結構な事です。見た目沖縄人に見えない私もたまにフラリとお土産通りの店内に入ります。すると時代に取り残された雰囲気の店舗には私のマニア心をくすぐる、いい品が捨値で売っているんですよ。良くいえばレトロ。悪くいえば。。。OKINAWAとナウに刻印されたアクリル文鎮(塊なので、と思う)に貝殻を組み合わせて作られた鍋敷き。沖縄に全く関係のない海賊の彫り物。下手すれば貝殻のみ置いてある商売っ毛のない気合いの入った勝負店もあるので侮れません。高校時代のお話。私は某音楽雑誌を眺めていました。この時期は憧れの対象へと少しでも近づきたいと願い焦がれる年頃です。写真の中でカリスマロックスター(故人)が着こなしているヨレヨレのTシャツ。こここの柄。どどどこかで。あわわわ。それは今は無き国際ショッピングセンター内(現テンブス館)のTシャツ売り場にて埃を被りながらも販売されていたTシャツと全く同じ(擬人化されたパンクな鶏が中指を立てている柄)だったのです。皆さんにもこの時の気持ちを理解して頂けるでしょうか?もしかしたら憧れのあの人もあのお店で買ったのかも?私は颯爽とその店舗へと走りました。オオオバちゃんのセセセンス。ロロロックだぜ!しかし私の記憶の片隅にあったTシャツの姿はドコにも見当たらず。お店の人に尋ねようにも伝達方法に悩んだ私は不覚にも断念したのでした。この逸話からも分かる様(?)にお土産道とは物凄く奥が深い。違いが分かる男でさえそのセンスと嗅覚が問われます。しかし観光客には時間が限られております。そういう時の為にこそ日頃からお土産店へと赴き、目を養うべきなのです。チミ達!海人Tシャツなんか買ってる場合じゃないぞ!
[PR]
by te-ge-office | 2006-06-19 07:38 | arteの庭 twitter経由でコメントする


検索
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧