Top

ウチナーヌ諸々
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


since2005.5.20



English Versions Here

Internet Kenjin-kai
HaiSaiMac
島唄カフェ いーやーぐゎー
三線製作事業協同組合
沖縄三線教室
みなみ芸能オフィス
みなみ三線店
三倉食品
新垣菓子店
沖縄のうわさ話
テーゲーネットワーク
琉球語音声DB
那覇美術造形学院
Cafeやぶさち
りゅうちゃん日記
バスマップ沖縄

ロックンロールニュース
UPLINK
MEDIA SHOP
vector::scan
Dumb Type
ピューピル
ICC
:::Torture Garden:::
アルバトロス・フィルム
BUBBLE-B

CD屋
ゴロソ
Econosys
池田亮司
Parallax record
Thrill Jockey
MEGO
Sonig
DWWW
raster-noton
a-musik

性の本棚
ALT-FETISH
fraeulein-ehrhardt
Marquis

ラブ・ファミコン
Nekocan@mac
Rez
任天堂
namco
ATARI
iPSP
ファミコンDB
Mac de Famicom
日本語化パッチ置場
ゲームラボ
HamariBros
PIN BALL
ムシキング

Sex, Drug & Macintosh
よしとよの専務室
沖縄で死ぬということ?
我稼餞老婆花
からくりロックバンド核
カンサツニッキ
つれづれ気まぐれ由来記
MGX
気になるフタ
柔らかな機械
蒼穹ぬムリカ星
女心日記
traveler's-high
cobanashi cafe
ハイカラぱんだ
赤玉蟲戦記
TWELVE
NEWKNOWN
マンブラー・チャンプルー

アマゾン検索
素材屋 千客万来
素晴らしき日々
オモチャ箱
ザイーガ
コロコロザイーガ
x51.org
ビバ★ジャイロ
Marie
喜屋武綾乃
喜屋武ちあき
きゃんまさみエキブロ
喜屋武WEB
きゃんずほめぱげ
東京喜屋武茶
キャンヒロユキブログ

カテゴリ:secretの小部屋( 179 )
twitter経由でコメントする
☆祝☆復活☆私も嬉しく思います。
d0053751_9364626.jpg

法が定めているから邪険に扱うのではなく。何故、法律はこのように規定しなければならなかったのかという大人の教養と嗜みとしての純粋な興味から。私には判断しかねる部分がありますので、その是非は漢那くん達に聞いて下さいね。サブカルチャーを横目で見ていた学生時代の私はコッソリと関連書物を購入しては読み漁っておりました。何にでもクビを突っ込んでいた右も左も判らぬ若かれし頃のお話でございます。時は流れ、アレだけトゲトゲしかった私もどうやら落ち着きを見せ始めているようです。さて話は変わるようですが、コレより先のお話は危険な内容を含みますので、極秘情報でヨロ。二人だけの秘密という特別な存在だったのですが、ネタ欠如のためチョットだけ大公開してみます。現在、愛するワイフと仲良く帰宅途中にいつも様子を伺っているお部屋があります。昼間は閉め切っている二階の窓。特に何の変哲もない窓。ところが夜になると途端に表情が変わるのです。黒い遮光トタンで窓を覆い、何故か深夜に換気を行う怪しいお部屋。ブラックライトの光が換気の隙間から見えるのがまた。ホント何気なく見ていたんです。しかし毎日この状態が続くとなると、妙だと思いませんか?私達は顔を見合わせると、ふと思いました。コレってもしかして観賞用の草を栽培していない?こんなにも堂々とイリーガルな行為をしているとは到底考えられないのですが、私の知るうる限り、おそらく六十パーセントの確率でビンゴでしょう。最近の摘発も考慮すれば尚更です。引き続き調査してみます。決して誰にも話してはイケマセンよ。
[PR]
by te-ge-office | 2007-05-08 09:36 | secretの小部屋 twitter経由でコメントする
根間さんの仰るとぉーり!
d0053751_9554983.jpg

皆さんコンニチワー。これは何かの禁断症状と言ったら良いのでしょうか。それとも一足早い五月病?何も考えたくなく、やるせない倦怠感が続きます。ツカレテンノカナ?どうでもいい稚拙な話ばかりでゴメンナサイね。突拍子もなく、なんとなく始めてしまったこのブログ。果たしていつまで持つのやら。気負うつもりは甚だありませんが、自分自身を騙しながら継続している状況です。スパッとヤメちゃったらラクチンなのでしょうが、未練たらしく切る行為すら躊躇してしまう情けない私でございます。続ける事によって見えてくるものがある、断固一穴主義等と以前は唱っていたのですが。明日をも知れぬこの命。一寸先とは全くの闇としか言いようがありません。お手軽なブログと言うツールが余りにも普及してしまったせいなのでしょうかねぇ。とにかく反吐がでそうな気分なんですよ。。。しょうもない字数稼ぎから、お話を本日のテーマに戻しまして。洗っても洗っても落ちてないかもしれないと言うイライラは一体何に例えれば良いのでしょう。保水力(保湿力)という言葉を先日、初めて知りました。予てより固形石鹸派であった私は、乾燥肌の女性が使うのであろうボディーソープを使用する度にシャワー時間が長くなってしまいます。永遠とヌルヌル、ヌメヌメが続くような気がして。温厚な私を一瞬にして不快感が包み込むのです。イヤダイヤダ。愛するワイフがボトルを使い切るまで、文句も言えずに黙々と固形石鹸を使用する私。そんな可哀想な私はある時、毛が絡まり滑りの悪い部分だけにつけてみたところ、、、良いです。目方の重い人間は、どうしても身体の水切れが悪い気がするんですよ。要所によってはギシギシするんです。ボディーソープってこんな使い方もあるんですね。どうでも良いですが、誰にも言えない密かなマイブームです。
[PR]
by te-ge-office | 2007-04-24 09:55 | secretの小部屋 twitter経由でコメントする
アナタには、深夜の枠が良く似合う。
d0053751_1062938.jpg

この有り得ない状況は、遂にと言うべきなのか、若しくはとうとうと言うべきなのでしょうか。そんな予感は薄らと感じてはいたのです。沢山あるお店の中から何故ココに。確率で計算すれば、コンマ以下の非常に希有という事には違いありません。先日、私が最も会いたくなかった関係者に出会ってしまいました。私達二人は顔見知り程度の極めて中途半端な関係。私が足しげく通わなければならない建物に従事している女性です。お昼の私と言えば、常に戦闘モードにスイッチを入れ、常にピリピリと触るモノみな傷つける毎日。よって、ウッカリと砕けた表情を見せてしまうと、とてもマズい訳なのですよ。仕事終了時のプライベートなタイムでありました。道路でバッタリ。居酒屋でバッタリの一瞬気マズい会釈系ではなく、酒宴の場に同席しなければならないというムッツリ無言系。この苦痛と言ったら、一体どのように例えれば良いのでしょうか。これは体験してみないと分かりません。私は絶対に逃げられないと言う状況の下、お互いにタダタダ沈黙するばかりの三時間。ちょっと似ているかなぁとは思っていたのですが、まさか本人だとは。一瞬にして血の気がサッと引いて行くのを感じました。恐ろしいですね。職員行きつけの盛り場やテリトリーの情報を引き出せた事だけが唯一の救いですかなぁ?最近、事務所へ通い始めた同僚が仕事もしないで遊んでいる私に反感を覚えているのを感じます。ボクは一体何がやりたいのでしょうか。。。シラン。
[PR]
by te-ge-office | 2007-04-20 10:06 | secretの小部屋 twitter経由でコメントする
moog社製テルミンカッチョエー!!!
d0053751_8533928.jpg

私の記憶が正しければ、朝シャンという言葉が出回るようになったのは確か二十年ほど前。お風呂へは夜入るのが常識であった八十年代に於いて、ファジィな新世代というものを予感させた新感覚なこの常識は斬新そのものでありました。出勤や、通学時に石鹸の匂いをホァ〜ンと漂わすだけで時代を先取りしているような、そんなイメージを私達に植え付けたのです。口では流行モノはキライだねと吹聴しながらも、時代には取り残されたくない小心者のキャンキャン。決して大きな声では言えないのですが、ミレニアムを過ぎた今でも変わらず極秘裏に実行し続けています。早起きが身に付いている私は、どうしても夜に入るよりも有効的な時間の使い方だと思うのです。眠気が吹き飛んでサッパリと気持ちがいいのは一日の始まりに好都合。しかし、この習慣には大きな問題点が。独特なチェリー臭を身に纏い、ムンムンとしていたキャンキャン少年。異性の目を意識し、オシャレに気遣い色気づいてくる年頃。身体に不必要なアレやコレをベタベタと塗りたくっておりました。そんなある時、ふと思ってしまったのです。この整髪料って、一体いつ洗ったらいいのだろう。早朝にビシッと決めた髪型は、翌朝洗い流され、再び朝に固められてしまう私のクセッ毛。ココロ休まる日は全くありません。何の事はない、朝と夜に入ればいいのでしょうが、そんなヒマがあれば深夜のシャドーに精をだしていた年頃でした。単純に面倒くさいんですよね。それからと言うもの私はカッコつける事をキッパリとヤメてしまいました。二枚目の座を退いてから早二十年。化粧済のまま床に就く婦女子を眺めながら、私は何とも言えない気持ちになるのです。
[PR]
by te-ge-office | 2007-04-17 08:53 | secretの小部屋 twitter経由でコメントする
ダレがどう見ても低いはず。
d0053751_9175343.jpg

ヒトが変わったようとは、きっとこの事を言うのでしょう。大きな声では言えないのですが、私への愛情は恐らく愛するワイフ以上。先日、中学時代よりいつも一緒にいた腐れ縁の友人に、素敵なハニーが出来たそうです。長い付き合いの私達ではありますが、私(下)と彼(上)のなかに介在する暗黙の上下関係から、恋愛話はタブー事項。公私にキチンと線を引き、弱い部分は特定の人物のみしか見せていないからでしょうか。秘密主義者を装う彼に、親しい友人達も疑惑の念を抱かずには居れなかった矢先のスクープです。タブー事項の禁を自ら破り、毛恥ずかしさを隠しながら私に告白してきたのですが、二人の姿を目撃してはいないのでイマイチピンと来ず。うれしいような。さみしいような。オトコとは非常に身勝手な生き物。複雑な心境と感情が絡み合い、入り乱れております。昨日。懐から彼がスッと取り出したのは、携帯灰皿。ガーーーーーン。二十年以上連れ添って(?)きた私達。地球に優しい私が何度となく注意してきたのにも関わらず、断固としてヤメなかった意固地な彼。吸い殻のポイ捨てと空きカン灰皿を。そんな彼が携帯灰皿を持っているだなんて。嫌悪感と敗北感を同時に味わってしまった哀しい妻帯者の私。ノックアウトどころではありません。同性というのが唯一の救いです。じゃなかったら立ち直れなかったかも。それくらいに激しく忠告しておりました。愛のチカラ?胡散臭い香りがプンプン。きっと互いの本性が現れるのはコレからだよ。せいぜい用心しておくんですな。おめでとさんさん。試練とカベが現れたら、元プロへお気軽にお問合せ下さい。出来れば、、、やっぱり聞きたくなかったなぁ。今更ではありますが、気付いていましたよ。とっくに引退してしまったとは言え、恋愛のプロを舐めんなよ。ゴルァ。
[PR]
by te-ge-office | 2007-04-10 09:17 | secretの小部屋 twitter経由でコメントする
1枚のステーキ...オジイタソと一緒。
d0053751_9152312.jpg

整理と分類、そして分別。几帳面なマメ男くんとして知られているキャンキャンの、この上ない至高の喜び。老若男女問わず、コンピュータに対して強く苦手意識を持っている方々が不得手、理解に乏しいのはこの部分ではなかろうかと思っております。何というアプリケーションで作成された、何というファイルが一体ドコにあるのか。ハードディスク内のお話ではなく、アタマの中でコレ等の情報の動向を描くという作業が彼等は一様に不得意なのです。スーパー事務員を目指して、機能的な文房具の発掘に明け暮れている私。バタバタと忙しいにも関わらず、一番若いと言う理由から些細なトラブルが発生する度に呼び出しを食らいます。私が決してコンピュータに明るいという訳ではございません。先の憂鬱を考えながらイヤイヤ見に行けば、見積書と名のついた文章ファイルに延々と入力されているデータ。静寂な事務所にてヴィーンヴィーンとウルサく稼働するプリンタを横目で見ながら、私はタメ息が止まりません。おい!ページ指定しろと言っただろう!そう。現在私がお世話になっている事務所の所長は、雛形文章をコピーしては、そのテキストの最下部にかな入力で書き綴っていくのです。何度となく注意を促してもムダ。オレが分かりやすいようにやっているからと、まったく聞く耳を持とうともしません。ダレが触っても検索や状況把握がやりやすいデータ管理。コンピュータ上達への近道には、コレも大切なキーポイントと言えるでしょう。あと、必要なのは素直な心でしょうか。因みに頑固な所長は私の父親です。数十年後の自分自身を見ているようで。気をつけたいと思います。
[PR]
by te-ge-office | 2007-04-09 09:15 | secretの小部屋 twitter経由でコメントする
うししのし。
d0053751_9264717.jpg

基本姿勢は来るモノ拒まず。サッパリとした男らしい性格に心底憧れている私は、いち早く去るモノ追わずの境地へ辿り着きたいと願わずにはおれません。しかしながら弱き心を晒し、一度楽な方へと流れてしまいますと、それは未練や呪縛となり、なかなか振りほどけないと言うのが人情です。今では自称恋愛の達人などと自負している私ですが、若かれし頃にはミエミエの甘いワナにウッカリと陥ってしまった経験がありました。達人連合会の間では細心の注意を払わなければならないと黙認させているワナ。それは男女間で極秘裏に取り交わされる恋愛相談。異性の方がより憧れのアノ人に近づける(協力してもらえる)と言う心情からでしょうか。自己の成就のみしかアタマにない多くの女性は、男性よりも気軽に異性へ相談を持ちかける様な気が致します。周囲の女性より人間として扱ってもらえない私もそんなイイヒトすぎる人間の一人。相談頻度係数が示す異常な数値の高さは、私がその道でも有数のプロだからだと切に信じたい所です。内々のお話を数々伺ってきた私の実感としましては、恋愛相談はヤッパリ同性に限りますよ。何故なら内情を知ってしまった二人は九分九厘、恋に落ちるから。女性には有り得ない話かもしれませんが、私を含めた男性にはその傾向が強く感じられます。達人は、目を見れば分かります。目を。ウンウンと頷きながらもドンヨリ曇った虚ろな瞳。オレの気持ちはぁ、、、ってアンタ何も行動してないでしょ?私がひとたび口を開けば、惚れてしまう危険性大ですので要注意。先日、高らかに断固一穴主義を唱った私は、以前と比べて少し心にゆとりが出来てきたように感じます。面白いものですね。上記理由から異性の友人だなんて絶対にありえないと思っていた私が、恋愛相談を自然に受け止める事が出来るのです。どうやら私は達人の階段をまた一歩登ってしまったのかもしれません。ツミなオトコだワタクシは。ご相談はお気軽にどうぞ。
[PR]
by te-ge-office | 2007-04-05 09:26 | secretの小部屋 twitter経由でコメントする
あーぁ。やっちゃったぁ。
d0053751_915750.jpg

シートに総重量三桁の荷が載っているからでしょうか。燃費の悪い愛車に股がり、沖縄本島を北から南へ。もうタイヤの溝は摩耗してツルツルです。携帯電話を片手に生きるか死ぬかの瀬戸際。なので今日は練るヒマが全然ありませんでした。だから休ませてね。ごめんなさい。しかし久々に疲れたなぁ。
[PR]
by te-ge-office | 2007-04-04 09:15 | secretの小部屋 twitter経由でコメントする
青じゃダメ?習っていません。
d0053751_925355.jpg

当事者ではないアナタに何が分かると言うのです。他人には分からないからこその面白味もあるのかもしれません。医者要らずの健康体とは口が裂けても言えない状況にあるであろう私の豊満過ぎる肉体。医者嫌いというワケではないのですが、度重なるおかしな言動を目の当りにすれば、必然的にその足も遠のいて行きます。病は気から。気合いで直すという戦時中の理不尽な知識しか持ち合わせていない私。今年の異常気象と大流行しているインフルエンザの影響でしょうか。どうやら風邪というものを拗らせているようです。咳が止まらず、ノドには執拗にタンが絡み、声が全然でてきません。他は至って健常体なので、自覚症状は全くナシ。当初はスグ治るだろうと軽く考えておりました。しかし、この状態が一週間以上継続しますと、サスガの私もこりゃヤバいかなと。イヤイヤながら近場の寂れた耳鼻咽喉科へ。独特の臭いと物々しい雰囲気の院内。診察室の中へ通されるとゴ、ゴクリ。カチャカチャという金属音が私の想像力を掻き立て、自然と喉がなります。フガフガ。額帯鏡から私の口を覗き込んだ先生は症状を話すのですが、マスクをしているのでよくわからず。それを察した看護婦が咽喉内にイボが出来て炎症を起こしています。と助け舟を出してくれました。あぁイボね。何気なく聞いていた私でしたが、ちょっと待てよ。。。セ、センセー!それってポリープですか?フガフガフガー。まるで役に立たず。天は私の密かな野望までも奪い去ろうと言うのでしょうか?私が高らかに笑えば、ココにキャンキャンありとまで存在感を示していた美声も今は昔。ガラガラと擦れた嗄れ声になってしまいました。早くも夢破れてしまった私はこれからどうすれば良いでしょう。遅咲きの変声期だったら恐いなぁ。
[PR]
by te-ge-office | 2007-04-03 09:25 | secretの小部屋 twitter経由でコメントする
なっちゃんの...逮捕しちゃうぞ!
d0053751_993555.jpg

亭主関白になりたいの?男性色が強く、横暴なもうひとりのキャンキャンとは違って、わりと普段から温厚だと信じている私。ダレに会ってもニコニコと。そんなお釈迦様のような心を有する私が、一番苦手とする人種を教えましょうか?決して口には出しませんが、何故こんな人間がいるのだろうと、あらゆる世代の男性陣が頻りに首を傾げて止まない人種です。思春期始まる小学生時代。男女平等が盛んに唱われている現在では分かりません。私達が幼かった二十年前。男子が女子と楽しく遊んでいると、周囲から「おんなメーサー」と囃し立てられ、からかわれたものです。標準語では的確に表現できる言葉は思い当たりません。メーサー。直訳すれば「女好き」や「女贔屓」なのでしょうけど、それは男性の立場から女性を見ています。確かにそう言われてみれば正解かもしれません。しかし、私が憎んでいるのは性別を感じさせないメーサー君です。男色硬派のGでも、オネェ語を巧みに操るマカオでもない。女性達に危険なケモノ臭を全く感じさせないテクを持つ彼等。耳をダンボにすれば、恋愛に関するヒソヒソ話や女性特有のブルーなお話。そんな男性が介入できないお話にも普通に参加しています。何だオマエ等は!全く持って腹が立つ!そんな卑怯な手が通じると思っているのかよ!ドチラかハッキリすれ!そんな羊の皮が売ってたら、買ってみたいわ!!!も、もうしわけございません。温厚な私とした事が。つ、つい取り乱してしまいました。。。いや。ただ単に、女性のヒソヒソ話に臆する事なく、素で参加できる彼等が羨ましいだけでした。私でなくとも絶対に辛いですよ。アノ話は拷問だね。
[PR]
by te-ge-office | 2007-03-30 09:09 | secretの小部屋 twitter経由でコメントする


検索
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧